ここから本文です

これぞ究極の贅沢か!? 1000万円以上の2ドアクーペ5選

9/16(月) 6:30配信

くるまのニュース

非日常を味わえる美しいクーペ

 現在、日本で売れているクルマといえば、軽自動車にミニバン、SUVです。

 一方で、少数派となっているのが2ドアクーペで、かつては国産車でも多く存在していましたが、いまは激減してしまいました。

まさにビューティなビースト! 美しすぎるクーペの画像を見る(19枚)

 いまや2ドアクーペというと高級車ばかりで、購入できる人は限られてしまいますが、どれも美しくハイスペックなモデルです。

 そこで、1000万円以上の高額かつ美しいクーペを5車種ピックアップして紹介します。

●レクサス「LC500」

 レクサスが誇るフラッグシップクーペ「LC500」は、国産クーペの頂点に君臨しています。

 LC500はサーキットのみが似合うクルマではなく、ドライバーのライフスタイルを感じさせる佇まいのクーペを目指したといわれています。

 サイズは全長4770mm×全幅1920mm×全高1345mmとかなりの大柄ですが、数値以上にダイナミックな印象となっていて、低いボンネットフードからルーフラインへとつながるプロポーションは「美しさと、走りの魅力の一致」を実現しています。

 エンジンは5リッターV型8気筒を搭載し、最高出力は477馬力を発揮。トランスミッションは発進時を除くほぼ全域でロックアップを作動させる「Direct Shift-10AT(電子制御10速AT)」を搭載し、アクセル操作に即応するダイレクト感とスムーズな発進を両立しています。

 マフラーに装着される排気バルブの開閉により、排気音色と音圧をコントロールするエキゾーストシステムは迫力のサウンドを奏で、走りとシンクロした高揚感あふれるエキゾーストノートを演出します。

 鋭い切れ味と優雅な振る舞いを併せ持つLC500の価格は1302万2000円(消費税込、以下同様)です。

●BMW「8シリーズクーペ」

 かつて世界一美しいクーペと評された「E24型 6シリーズ」を輩出したBMWは、クーペモデルをラインナップし続けています。

 最新モデルでは「2シリーズ」「4シリーズ」、そしてフラッグシップの「8シリーズ」がクーペのラインナップとなっています。

 現行の8シリーズは2018年に発売。日本では「M850i xDrive」が最初に販売され、後に「840d」やカブリオレが加わりました。

 外観のデザインは「流麗」という言葉しか出ないほど美しいラインを描き、全長4855mm×全幅1900mm×全高1345mmのサイズを巧みに使って完成させています。

 M850i xDriveに搭載されるエンジンは4.4リッターV型8気筒ツインターボで530馬力を発揮し、走りも外観にふさわしいエレガントさを実現。

 M850i xDriveの価格は1714万円です。

1/3ページ

最終更新:9/16(月) 9:39
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事