ここから本文です

『氣志團万博2019』の最高かよ!だった楽曲5選

9/16(月) 18:02配信

OKMusic

9月14日(土)と15日(日)に千葉県・袖ケ浦海浜公園で開催された『シミズオクト Presents 氣志團万博2019 ~房総ロックンロール最高びんびん物語~』。台風15号の影響で袖ヶ浦市内はいまも停電している家があり、開催すら危ぶまれた今年の万博でしたが。しかし。終わってみれば、「中止という選択はなかったのでは?」と思うほど素晴らしく、一生記憶に残るであろう2日間になりました。つうことで、そんな今年の『氣志團万博』から、最高かよ!だった5曲を紹介。やっぱり音楽の力って素晴らしい!

「Do You Remember Rock'n’Roll Radio?」(’80)/RAMONES

毎年、『氣志團万博』のオープニングVTRのBGMとして使用され、出演者を紹介する煽り映像ととに参加者の気持ちをブチ上げてくれるこの曲。『氣志團万博』開催の英断を下した主催側にも苦悩があっただろうが、参加する側にも苦悩や不安があった今年。開会宣言で綾小路 翔(氣志團)が開催を決断するに至った想いを熱く語った後、「とことん音楽を楽しんでください!」と伝えて映像と共にこの曲が流れた瞬間、不安や懸念が払拭されたあの感覚は忘れない! そして初日、トップバッターとして登場した氣志團。東京スカパラダイスオーケストラのホーン隊をゲストに披露した1曲目が「Do You Remember Rock'n’Roll Radio?」。《Rock'n’Roll Radio 最高!》と歌詞を替えて歌ったこの曲に、オーディエンスは何の遠慮をすることもなく、拳を高々とあげた。ロックンロール最高!

「一番偉い人へ」(’92)/とんねるず

初日、メインであるYASSAIステージの大トリとして登場した木梨憲武。煽り映像で綾小路が「ノリさんはパンク」と語ったように、100人のダンサーを引き連れてパフォーマンスした西城秀樹のカバー「YOUNG MAN(Y.M.C.A)」、ヒロミ&カンニング竹山がサプライズ登場して歌ったアリスのカバー「チャンピオン」とやりたい放題だった木梨のステージは、まさにパンク! 「57歳のジジイ、やれるだけやってみます!」とソロデビューすることも発表したライヴ終盤、綾小路を招いて歌ったのがとんねるずの大名曲「一番偉い人へ」だった。《一番偉い人へ 俺たちは 今何をするべきか?》と問いかける歌詞があまりにも今の状況とマッチしていて、僕らに考える機会と気付きを与えてくれたのだが…選曲したノリさんには問題提議の意識などまったくなかったはずで、それもまたパンク!

1/2ページ

最終更新:9/16(月) 18:02
OKMusic

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事