ここから本文です

【MLB】イチロー氏“19年の歩み”を注いだ英語スピーチ 番記者が感じた野球への敬意

9/16(月) 6:40配信

Full-Count

15日に「フランチャイズ・アチーブメント賞」を受賞したイチロー氏

 米大リーグ、シアトル・マリナーズは14日(日本時間15日)、球団に貢献し、大きな功績を残した人物に贈られる「フランチャイズ・アチーブメント賞」でイチロー氏を表彰。その式典で、今年3月に現役引退を表明した同氏は、慣れ親しんだ背番号「51」のユニホームに身を包み、地元ファンへ感謝の意を伝える英語のスピーチを行った。

【動画】「ディー、雄星、今夜は泣くなよ」からスタート…マリナーズが公式ツイッターで動画を公開、イチロー氏の約5分間の貴重な英語スピーチ全容

 3月21日の日本開催試合第2戦後に引退を表明し、東京ドームでの感動的なラストランからほぼ半年を経てイチロー氏が地元シアトルのファンに向け、淀みなく続けた約5分のスピーチはファン、自分のレベルを上げた聖地での野球、そして将来を託す若手選手に向けたものへと展開。

 日本人初の野手として重圧をはねのけてきた心模様が行間に表れた地元ファンへのメッセージからスタートする。

「2001年に私がシアトルに来た時、それまで、日本から来た野手は誰もいませんでした。皆さんが見たのは、27歳の、小柄で、細い、無名の選手でした。皆さんが、私を受け入れない理由は多くありました。しかし、大きな心で私を受け入れてくれました」

 こう読み上げると、暖かい拍手がスタンドに鳴り響いた。地元ファンに対する感謝の気持ちが凝縮された言葉だが、行間ににじみ出ていたのは懐疑の目線だった――。

「これをやっておけばよかったっということは、僕にはないので」

「受け入れてくれた」のは、聖地のファンの度量の大きさからだけではなく、他を圧倒するプレーで結果を出し続けたことで「受け入れさせた」というのが本心であろう。かつてイチロー氏はこう吐露したことがある。

「クラブハウスには、『日本から来た首位打者がなんぼのもんじゃい!』という仲間の視線を感じてましたね」

 どんな状況でも貫いたのは野球への敬意だった。

「キャリアを振り返った時、私が誇りに思うことが少しでもあるとすれば、毎日、困難を乗り越え、毎日、同じような情熱を持って、2001年の最初の日から、2019年の最後の日まで、臨むことができたことです」

 湿気を嫌い特製のジェラルミン製のバットケースに乾燥材を入れてバットを保管することは広く知られている。四球で一塁へ歩く時にバットを優しく地面に置けば、セーフかアウトかの判定がビデオに委ねられる間、審判員が下した判断に委ね、潔くベンチに戻るイチロー氏の姿が必ずあった。道具も審判員も野球になくてはならない存在。情熱を持っている選手がイチロー氏のように、必ずしも野球に敬意を払っているわけではない。

 試合開始後に取材に応じたイチロー氏は、その最後をこう結んでいる。

「なにが欠けても多分、今日はない。なんだってそうじゃないですか。東京ドームの最後もなにが欠けてもあれは起きなかったというふうに考えると、やっぱり自分なりに頑張ってきてよかったなということですよね。これをやっておけばよかったっということは、僕にはないので。そうしてきてよかったなと思います」

 自ら望んだトレードで2012年の夏場にヤンキースへ移籍すると、15年にはナ・リーグのマーリンズに移り、役割は代打となり出場機会は激減した。1度の打席で終える調整法の難しさにも、不平不満は一切漏らさなかった。3000本安打を放ち、将来の殿堂入りを確実にした選手であっても、チームの方針に抗うことなく日々の準備に万全を尽くした。

 書き上げた文章の英訳をイチロー氏が手にしたのは、この日の午後になってからだったと言う。忠実に訳される過程で、異言語間の変換には「いくつか変わっていくことがある」とイチロー氏。だが、野球への敬意が変わるはずもなかった。

 本拠地T-モバイル・パークに集まった2万6000人に向けて読み上げたスピーチには、挑戦の地で育んだ19年の歩みのすべてが紙背にちりばめられていた。 

木崎英夫 / Hideo Kizaki

最終更新:9/16(月) 8:11
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事