ここから本文です

GMの労組、12年ぶりにスト-雇用や賃金巡り経営側と対立

9/16(月) 13:52配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米ゼネラル・モーターズ(GM)の労働者は12年ぶりのストライキに踏み切った。雇用や賃金、福利厚生を巡り経営側と意見が対立した。

全米自動車労組(UAW)は15日深夜にストに突入。経営側は交渉期限日となった同日に昇給、米8工場への70億ドル(約7500億円)投資、5400人余りの雇用増加を提案したが、労組は経営側の提案はヘルスケアや臨時従業員の扱いなど重要な分野で不十分だと主張した。

クレディ・スイスのアナリスト、ダン・レビ氏はスト決行となれば、GMの利払い・税引き前利益(EBIT)が1日当たり約5000万ドル失われる可能性があるとの試算を顧客向けリポートで示していた。

GMは米国での人員削減や、大統領選の激戦区であるミシガン州やオハイオ州での生産縮小・工場閉鎖を巡りトランプ大統領から攻撃を受けてきた。大統領は15日、ツイッターへの投稿で経営側と労組に「取引する」よう求めた。

原題:GM Hit by First UAW Strike in 12 Years in Clash Over Jobs (3)、UAW Digs In for GM Strike Costing the Carmaker $50 Million a Day(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

David Welch, Keith Naughton

最終更新:9/16(月) 13:52
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事