ここから本文です

もう見てられない!? 最下位相手に歴代ワースト記録樹立…アーセナルは「セミプロのよう」

9/16(月) 19:00配信

ゲキサカ

 15日に行われたプレミア第5節で最下位のワトフォードと対戦したアーセナルが不名誉な記録を打ち立てた。

 前半21分と同32分にFWピエール・エメリク・オーバメヤンの得点で2点をリードしたアーセナルだったが、後半に入るとワトフォードの猛反撃に遭い、後半9分と同36分に失点して2-2のドローに持ち込まれてしまった。

『スカイスポーツ』によると、アーセナルがこの試合で浴びたシュート数はなんと31本で、これは『Opta』がデータを収集し始めて以降、歴代最多の数字となった。また、コメンテーターで元スコットランド代表のグレアム・スーネス氏は「アーセナルのサポーターなら頭を掻くよ。前後半で違うチームだった。後半のアーセナルはセミプロのチームのようだったよ」とコメントしている。

 開幕2連勝と好スタートを切ったアーセナルだったが、その後は白星なし。2勝2分1敗の勝ち点8で7位となっている。

最終更新:9/16(月) 19:00
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事