ここから本文です

the pillowsの30周年映画「王様になれ」ついに公開!

9/17(火) 11:39配信

チケットぴあ

9月16日に結成30周年を迎えたthe pillowsがアニバーサリーイヤープロジェクトの一環として制作した映画「王様になれ」が、9月13日から全国で順次公開されていく。9月14日にシネマート新宿で「公開記念舞台挨拶」が開催され、原案と音楽を担当したthe pillowsのリーダー 山中さわお、監督のオクイシュージ、主演を務めた岡山天音が登壇した。

【そのほかの画像はこちら】

舞台挨拶の冒頭で山中は「本当に実現したんだな...。2017年冬にアニバーサリーに何をしようかなといろいろ考えて、映画を作ってみたいとオクイ監督に相談に行ったんです。本当に実現して上映が始まって、そしてこんなに集まってくれてるじゃないか! 嬉しいです」とライブMCを彷彿させる表現で感謝を伝えた。

俳優として活躍し、今回が初メガホンとなるオクイは「(撮影にあたり)さわおくんのインタビューとか全部読んだんですけど、その中で“自分がボールを投げる相手が興味ない方はいくら投げても受け止めてくれない。でも地に足が着いてないとむやみに投げてしまう。そして勝手に傷ついてしまう”という言葉があったんですけど、この映画を誰に向けて作ればいいんだろうとずっと考えているときにすごくその言葉が残っていて。今日ご覧になってくれた皆さんの中で何かが響いた方はきっとその方に向けてこの映画を作ったんだと僕は思っています。その受け取ったボールを誰か身近に居る受け取ってくれる方に投げてもらって、少しずつでもこの映画が広がっていくといいなと思います」とコメント。

そして岡山は「長編映画単独では初主演で、僕の人生にとっても一度しかない機会がthe pillowsさんの記念すべき作品であったことを本当に嬉しく思います。節目に作られた作品だからこれから皆さんの節目に観返したくなるような映画になってくれたら嬉しいなと思います」と語った。

最後に山中は「自分の“あっ、これは強みだな”と思うのは、神経質なところもあるんだけど鈍感力もあって。映画を作りたいとか鈍感力があったから怖いもの知らずで、出来るはずだと決断した。若いときに“オレは絶対才能がある”と思って、今その頃の音楽を聴いたらひどい曲、ひどい歌唱力で才能なんか感じられないんだけど、その勘違い力、鈍感力がちょうどよくあった。今回も今思ったらすごい無謀なことだけど、キャスト、スタッフの方に助けていただいて、というよりその人の力が99%で出来たなという感じでした。その鈍感力をもってアニバーサリーライブの横浜アリーナに立ちたいなと思ってます」と締めた。

映画「王様になれ」は全国の映画館で順次公開中。そして10月17日(木)には横浜アリーナで記念公演も控えている。the pillowsのとびきり素敵な30周年をじっくり味わって欲しい。 

取材・文:浅野保志(ぴあ)

最終更新:9/17(火) 11:39
チケットぴあ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事