ここから本文です

【巨人】宮国、投手16年ぶり代走「ビックリはしました」

9/17(火) 6:03配信

スポーツ報知

◆巨人1―2阪神(16日・東京ドーム)

 まさかのコールに、球場がどよめいた。「代走・宮国」―。1点を追う9回1死、代打・阿部が四球で出塁すると、代走で起用されたのは、リリーフとしてブルペン待機していた宮国だった。

【ハイライト動画】◆巨人1―2阪神(16日・東京ドーム)

 その時点でベンチに残っていた野手は、捕手の炭谷のみ。投手では、宮国のほかに大竹、マシソン、鍵谷が控えていた。「ビックリはしましたけど、人がいなかったので。『あるかな』とは思っていませんでしたけど…。(打席に立つ機会が多い)先発をやっていてよかったです」。阿部の打席中、宮本投手総合コーチから代走の準備を指示されたといい、ブルペンから急いでベンチ裏へ移動。ウォーミングアップを済ませ、阿部に代わって一塁ベースに立った。残念ながら、後続が連続三振で、足の見せ場はなかった。

最終更新:9/17(火) 6:45
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事