ここから本文です

畑岡奈紗は2ランク上げて7位 渋野日向子14位/女子世界ランク

9/17(火) 10:41配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

16日付の女子ゴルフ世界ランキングが発表され、国内メジャー「日本女子プロ選手権大会コニカミノルタ杯」で優勝した畑岡奈紗が22ポイントを加算し、2ランクアップの7位に浮上した。自己ベストは今年の4月上旬に記録した4位。

今季最多の観衆1万3000人

1位のコ・ジンヨン(韓国)から6位のミンジー・リー(オーストラリア)まで変動はなし。畑岡の浮上により、アリヤ・ジュタヌガン(タイ)が8位、朴仁妃(韓国)が9位にそれぞれ1ランクずつ後退した。

同大会を33位タイで終えた渋野日向子は1ランク落として14位に後退。今週は国内ツアー「デサントレディース東海クラシック」に出場する。

日本勢3番手の鈴木愛は1ランクダウンの26位。以下、50位に比嘉真美子(変動なし)、53位に河本結(9ランクアップ)、60位に上田桃子(1ランクダウン)、64位に勝みなみ(変動なし)が続いた。

同大会を自己ベストの2位タイで終えた大西葵は147ランクアップし、414位から267位に浮上した。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事