ここから本文です

【スーパー耐久】2連勝でST-TCR連覇が見えてきた! 97号車の中野信治「最終戦も全力で行く」

9/17(火) 10:12配信

motorsport.com 日本版

 ツインリンクもてぎで行われた2019スーパー耐久シリーズの第5戦決勝。ST-TCRクラスは#97 Modulo CIVICが逆転で2連勝をマーク。中野信治は逆転チャンピオンのためにも最終戦では全力を尽くしたいと語った。

【ギャラリー】ホンダNSX-GT 2020年仕様

 前回の第4戦オートポリスで優勝を飾った97号車。今回は通常のウエイトハンデ(25kg)に加えて、BoPの数値が変更され、ホンダ シビックTCR勢は“ウエイトとの戦い”となった。

 そんな中、97号車はシビック勢では最上位となるクラス4番手からスタートすると着実に追い上げ、チェッカーまで残り45分のところでトップを走行していた#22 WAIMARAMA KIZUNA Audi RS3 LMSを捉えて首位に浮上。アンカーの大津弘樹がそのまま走り切り、2連勝を飾るクラストップチェッカーを受けた。

 レースを終えた中野信治は「今週はさすがに苦しかったです」と開口一番に語った。

 重いウエイトと対峙しなければいけない中で、クルマに負担をかけず、かつ最終的にトップに立てるレース戦略にこだわったという。

「ウエイトがどうしても厳しいので、そこを労わるためにはペースを落としていかなければいけませんでした。さらにレース中は色んなことが起こるであろうと、様々なシミュレーションをして、走る順番や走らせ方を決めて臨みました。

「予選日の夜から、決勝日のスタート直前まで悩んで、最後に決めたものが上手くハマりましたし、SCやFCYが入ったタイミングが僕たちにも味方してくれた部分がありました」

 そう振り返った中野と同様に、最終スティントを担当した大津もFCYのタイミングでうまくピットストップできたことで、トップとの差を縮めていくことができたと語った。

「今回はとにかくブレーキを労らなければいけないというのが一番の課題でした。そこを常に労わりながら走っていましたが、終盤にFCYが出たタイミングでピットインできたのが本当に良かったです」

「(今回の優勝は)全員の力だと思います。今回はすごく厳しい状況ではあったものの、勝たなければいけないレースでもあったので、その中で勝てたのはすごく良かったです」

 今季は開幕戦からトラブルなどが続き、苦しいレースを強いられていた97号車。しかし、第4戦オートポリス、第5戦もてぎと苦しい状況の中で勝利を収められたことで、チームとしても流れを取り戻しつつあるという。

 改めて中野は、チーム全員の頑張りに感謝するとともに、逆転でのチャンピオン獲得のために、最終戦に向けてもう一度気合いを入れ直していた。

「流れは引き寄せられていると思います。そこは本当にチームの力です。彼らの頑張りに感謝したいです。今年はかなり苦しい時期があったので、その中でもみんなが腐らず、メカニックもエンジニアもドライバーたちもよくやってくれました」

「今回の優勝は、(その頑張りの)ご褒美をいただけたと思って、最終戦ではもう一度気持ちを入れ直して臨みたいと思います」

「スピード的には正直苦しいと思いますけど、次は3時間レースなので、そこで何ができるかを考えらなければいけません。でも、せっかくここまで来たんですから……最終戦も頑張りますよ!」

吉田知弘

最終更新:9/17(火) 10:17
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事