ここから本文です

「TGS2019」4日間の総来場者数は26万2,076人に!国際的展示会&ゲームビジネスにおけるハブとして役割の高まりを示す

9/17(火) 13:05配信

インサイド

CESAは、9月12日~15日の4日間にかけて開催された「東京ゲームショウ2019」に関して、総来場者が26万2,076人であったことを発表しました。

【関連画像】

■日・年別来場者数一覧
■ビジネスデイ(1日目)
・2019年:33,465人
・2018年:31,961人
・2017年:26,564人
■ビジネスデイ(2日目)
・2019年:34,977人
・2018年:36,356人
・2017年:31,512人
■一般公開日(1日目)
・2019年:91,301人(内ファミリー:8,180人)
・2018年:107,310人(内ファミリー:7,841人)
・2017年:106,075人(内ファミリー:10,466人)
■一般公開日(2日目)
・2019年:102,333人(内ファミリー:12,117人)
・2018年:123,063人(内ファミリー:11,827人)
・2017年:90,160人(内ファミリー:13,017人)
■合計
・2019年:262,076人(内ファミリー:20,297人)
・2018年:298,690人(内ファミリー:19,668人)
・2017年:254,311人(内ファミリー:23,483人)
「もっとつながる。もっと楽しい。」をテーマに開催された「東京ゲームショウ2019」では、過去最大規模となる2,417ブースが出展(出展者数は655企業・団体、国内は350、海外は305)。家庭用ゲーム、スマートフォン、PCなど、さまざまなプラットフォームに向けた幅広いジャンルの新作タイトルやサービスが発表されました。


基調講演では、「5Gインパクト~5Gによって“ゲームチェンジ”は起こるか?」をテーマに議論がなされ、5Gがeスポーツやクラウドゲームの市場を拡大させていくことを印象付ける結果に。また、リニューアルした「TGSビジネスマッチングシステム」で成立したBtoB商談件数は1,496件となり、昨年の2倍を上回りました。


世界に向けて最新情報を発信する国際的展示会として、ゲームビジネスにおけるハブとして、役割の高まりを示した「東京ゲームショウ2019」。来年の「東京ゲームショウ」は、2020年9月24日から27日まで幕張メッセで開催予定です。


(C)2002-2019 CESA/Nikkei Business Publications, Inc. All rights reserved

最終更新:9/17(火) 13:05
インサイド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事