ここから本文です

ロバート・クビサ、DTM参戦に興味あり? マネージャーがアウディと話し合い

9/17(火) 12:18配信

motorsport.com 日本版

 アウディモータースポーツの代表であるディーター・ガスは、ウイリアムズからF1に参戦しているロバート・クビサのマネージャーとDTM参戦について話し合ったことを認めた。

【ギャラリー】ティレルF1マシン全33台(1968~1998)

 クビサは現在、2020年のウイリアムズにおけるドライバー候補のひとりとされている。ジョージ・ラッセルは既にチームと複数年契約を結んでおり、クビサはF2ドライバーのニコラス・ラティフィともうひとつの椅子を巡って争うことになる模様だが、F1以外の選択肢も検討していることを明かしている。

 過去には2013年1月にメルセデスのDTMマシンをドライブしているクビサ。彼のマネージメントチームは、DTMのニュルブルクリンク戦でアウディと話をしたとされている。

 motorsport.comがその噂の真相についてガスに尋ねると、彼はこう語った。

「(クビサは)確かにDTM全体にとって興味深いドライバーだ」

「(来季の)我々のファクトリードライバーの状況についてコメントをするのは少し早い気もするが、振り返ってみると(今季のマニファクチャラーズタイトルを獲得した)我々が他と違っていたのは、強力でバランスの取れたラインナップだったということだ。どのドライバーも表彰台、もしくは大量得点を狙うことができた」

 このように明言を避けたガスだったが、クビサとの噂の事実関係について再度コメントを求めると、こう返した。

「私はクビサ個人と話したことはない。ただ、彼のマネージャーとは話をした」

「DTMの上にあるとされているカテゴリーからも、DTMへの関心が高まり始めているということが分かった。それは非常に良い兆候だと思う」

Tom Errington

最終更新:9/17(火) 12:18
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事