ここから本文です

奥田民生が「カツベン!」エンディング曲を担当、「東京節」アレンジした曲歌う

9/17(火) 5:00配信

映画ナタリー

周防正行が監督、成田凌が主演を務めた「カツベン!」のエンディング曲を奥田民生が歌っていることが明らかになった。

【動画】「カツベン!」予告編(メディアギャラリー他9件)

サイレント映画が主流だった大正時代が舞台の本作。活動弁士志望の青年・俊太郎を映画初主演の成田が演じ、黒島結菜、永瀬正敏、高良健吾、井上真央、音尾琢真、竹野内豊、竹中直人、渡辺えり、小日向文世らが脇を固める。

奥田が歌うエンディング曲は、大正7年に発表された「東京節」を脚本家・片島章三が本作のために歌詞を書き換えた「カツベン節」。歌詞には映画黎明期のスター・尾上松乃助の名や、「怪盗ジゴマ」「椿姫」「雄呂血(おろち)」「不如婦(ほととぎす)」といった作品名、活動弁士・駒田好洋や生駒雷遊の名調子などがちりばめられ、映画愛あふれる楽曲に生まれ変わった。

クランクイン前から、音楽監督・周防義和の提案で「東京節」を使用しようと構想していた周防正行。「もととなった東京節がもつ時代感を現代にも通じる味わいに変える」歌手として、自身も好きな奥田にオファーしたという。奥田は「子供の頃、大人たちが歌っていた感じというか、ムードを思い出してやりました。自分が昭和の生まれなので、この歌がもっていた心は分かると思います」と歌に込めた思いを伝えた。

「カツベン!」は12月13日より全国ロードショー。

■ 奥田民生 コメント
「カツベン!」を観て、作品から昔の人の体力と気力のすごさを感じました。「東京節」というものが子供の頃よりさらに前の流行り歌みたいなことは、ほのかに覚えています。当時というのは今より自由な気がします。

子供の頃、大人たちが歌っていた感じというか、ムードを思い出してやりました。自分が昭和の生まれなので、この歌がもっていた心は分かると思います。

■ 周防正行 コメント
「東京節」という、大正時代の流行歌がもつ楽しい雰囲気と時代感を活かして、この映画の音楽を作れないか。いつも僕の映画の音楽を担当していくれている音楽監督の周防義和さんのアイディアからエンディング曲はスタートしました。それならあの東京節を、この映画にふさわしい詩にしようということで、今度は脚本家の片島さんに作詞をお願いして見事「カツベン節」が完成したんです。

もととなった東京節がもつ時代感を現代にも通じる味わいに変える、そういう歌手は誰かを考えたときに僕の好きな奥田民生さんが頭に浮かびました。奥田さんとお仕事するのは初めてでしたが、楽曲の狙い、映画の狙いを見事に表現してくれて、この楽曲が持つ楽しさを活かし味わい深いものにしてくれました。現代に蘇る不思議な味わいを持つ歌となった「カツベン節」のおかげで、映画のクライマックスシーンをイメージすることができました。



(c)「2019 カツベン!」製作委員会

最終更新:9/17(火) 5:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事