ここから本文です

服部道子・五輪女子ゴルフコーチに訊く 何をするのが役割ですか?

9/17(火) 17:07配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

2020年東京五輪の開幕まで、11カ月を切った。ゴルフの女子代表を率いるのは、今年6月に就任した服部道子コーチ(51)。国内ツアーの賞金女王(1998年)や通算18勝の実績、海外経験の豊富さを買われ、男子の丸山茂樹コーチ(50)とともに重責を担う。

渋野日向子のスイングを3DCG(スイングアバター)化

だが、大きな疑問は湧く。五輪のゴルフ競技は男女とも、4日間72ホールの個人戦ストロークプレーだけが実施される。国別のチーム対抗戦はない。また、各国の女子代表は世界ランキングに基づく五輪ランキングにより、2020年6月29日時点で最大4人が自動選出される。

代表選手は大会直前まで決まらない上、多くの選手は普段から個人として別のコーチに師事している。言ってしまえば、権限は不明瞭。それでも「日の丸」を背負うことになる五輪コーチの役割とは、何なのだろうか?率直な問いをぶつけた。(聞き手・林洋平)

「真夏の霞ヶ関」を知り尽くそう

大役を引き受け、まず初めにやりたかったことは「真夏の霞ヶ関カンツリー倶楽部を知っておく」ことだったという。東京五輪の女子ゴルフは、埼玉県川越市にある同コースで8月5-8日に開催される。今年8月には20日と30日の2度、自身で18ホールずつラウンドした。

「五輪に向けた2016年のコース改修後、5回ほどラウンドしていた。ただ、暑さを体感したかった。芝の状態、コースは夏と冬で違った色になる。ラフはそれほど長くなかったが、特殊な薬剤をまき『真っすぐに芝を生やしている』と(霞ヶ関CCの)メンバーから聞いた。長さの割に難しさがある」

「改修後にワングリーンになり、ポテトチップのような傾斜がある。ティショットは広い印象がある。五輪なので、端にピンを切ってくると思う。(1)グリーン上でのプレー (2)ピンを狙って外したときにどれだけセーブできるか (3)グリーンを狙うショットの精度。この3つが、かなり問われると思う」

「距離はそこまで長くない。推測だが、伸ばし合いになると思う。水をまかないと枯れてしまうので、グリーンはそこまで硬くできない。アグレッシブさに加え、セーブ力が必要になる」

余計な先入観につながらぬよう言葉を選びながらコースの印象を話す様子に、プレーヤーとしての経験がにじむ。代表選手は本番で、すでに予想されている極めて厳しい暑さと、国民の期待の中でプレーすることになる。酷暑の中での下見ラウンドは、選出された選手たちも大会直前まで経験できない分、貴重なものになりそうだ。

1/3ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事