ここから本文です

救急救命の手順学ぶ 八尾で介護職員の講習

9/17(火) 11:44配信

北日本新聞

 八尾消防署管内の介護福祉施設に勤める職員を対象にした救急救命講習が17日、富山市八尾町福島の同署で開かれ、12人が胸骨圧迫や人工呼吸のこつなどを確認した。

 施設利用者が誤飲や窒息、突然死を起こす危険性があることから、意識を高めてもらおうと昨年から同署が実施。ことしは17、18の両日で計24人が参加する。

 参加者は救命士から胸骨圧迫や人工呼吸の方法を教わり、人形を用いて動きを確認。ベッドの上で胸骨圧迫をしないことや、血などを吐いている場合は、感染症リスクを避けるため人工呼吸を省略する場合があることなどを学んだ。

最終更新:10/2(水) 13:50
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事