ここから本文です

中国がソロモン諸島との国交を台湾から奪う理由

9/17(火) 12:10配信

ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(9月17日放送)にジャーナリストの有本香が出演。ソロモン諸島が台湾と国交を断絶したニュースについて解説した。

ソロモン諸島、台湾と国交断絶

南太平洋の島国であるソロモン諸島政府は16日、台湾と断交し、中国と国交を樹立することを決めた。これを受け台湾の外務大臣に相当する呉釗燮(ごしょうしょう)外交部長はソロモン諸島と外交関係を断絶すると発表した。

飯田)前回、有本さんにご出演いただいたときに、こういう動きが出ているということを解説いただいたのですが。

有本)あのときは特にこのような大きなニュースがあったわけではありませんが、南太平洋、太平洋諸島が大事ですよという話をさせていただきました。

飯田)南太平洋の国々のなかでは面積も大きく、影響力もあると言われていますけれども。

有本)そうですね。ソロモン諸島は首都がガダルカナル島にあるのですが、日本にとっては激戦の地ですよね。

飯田)そうですよね。

オーストラリアにとっても安全保障上の脅威となる

有本)中国は前の政権のときから、太平洋諸国に対する働きかけを積極的に行って来ました。簡単に言えば、実際の島がある南シナ海です。中国は南シナ海で埋め立てなどをして人工島をたくさんつくり、軍事拠点にしようとしています。そこは実際に島があって国もあるのですが、そのまま中国が利用しようということです。言ってみれば、いただいてしまおうということですね。いままでソロモンを含めて6ヵ国、台湾と国交のある国がありましたが、それをひっくり返すという台湾との争いでもあります。それだけではなくて、近年ではオーストラリアと中国勢とで、ものすごい争いになっています。オーストラリアにとって、自分の北に位置する島々が全部中国に取られてしまうことは、安全保障上の脅威でもあるということです。

飯田)蓋をされてしまうようなものですかね。

有本)そうですね。それぞれ貧しい国でもあり、いろいろな災害の影響を受けやすい。ですから常に援助を必要としています。こういうところに中国は入って行き、日本円で言うと何百億という莫大な援助をしています。例えばソロモンでは、インターネット用の海底ケーブルをオーストラリアとの間で敷設することになったとき、それを請け負ったのが中国のファーウェイでした。

飯田)そうなのですね。

1/2ページ

最終更新:9/17(火) 12:10
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事