ここから本文です

ケイヴ・インがヘッドライナー、〈leave them all behind 2020〉の開催が決定

9/17(火) 17:31配信

CDジャーナル

ケイヴ・インがヘッドライナー、〈leave them all behind 2020〉の開催が決定

ケイヴ・インがヘッドライナー、〈leave them all behind 2020〉の開催が決定

 2019年はニューロシスとコンヴァージをダブル・ヘッドライナーに迎えて開催され、満員御礼の大盛況のうちに幕を閉じたライヴ・イベント〈leave them all behind〉が、2020年2月1日(土)と2日(日)に東京・恵比寿 LIQUIDROOMで開催されます。〈leave them all behind 2020〉でヘッドライナーを務めるのはケイヴ・イン(CAVE IN)。そのほかに、1日の公演にはオールド・マン・グルーム、グリーンマシーン、エンドン、オータス、2日の公演にはパワー・トリップ、クリスタル・レイク、セカンド・トゥ・ナン、クルエルティが出演します。

 また、1月31日(金)にはケイヴ・インとオールド・マン・グルームが出演する〈leave them all behind 2020“extra show”〉が大阪・心斎橋 Live House Animaで開催されます。

 ケイヴ・インは1995年に米ボストン郊外で結成されたハードコア / ヘヴィ・ロック・バンド。1998年以降はほぼ不動のメンバーで活動してきましたが、2018年にベーシストのケイラブ・スコフィールドが交通事故のため急逝。その悲しみを乗り越え、2019年にニュー・アルバム『ファイナル・トランスミッション』を発表し、現在はコンヴァージのネイト・ニュートンをベーシストに迎えてツアーを行なっています。

最終更新:9/17(火) 17:31
CDジャーナル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事