ここから本文です

【台風15号】JASSO、被災学生対象の緊急採用奨学金

9/17(火) 15:15配信

リセマム

 日本学生支援機構は2019年9月13日、2019年台風15号により被災した学生を対象とした支援策を公表した。災害救助法の適用地域に「2019年台風15号の影響による停電」を新たに指定。「緊急採用奨学金」「JASSO支援金」「減額返済・返済期限猶予」の申請を受け付ける。

台風第15号の影響による停電に伴う被害地域

 2019年台風第15号の影響による停電に伴う被害地域として災害救助法の適用地域に指定されたのは、千葉市中央区・花見川区・稲毛区・若葉区・緑区、勝浦市、鴨川市、館山市、安房郡鋸南町など41市町村。

 緊急採用奨学金の対象は、今回の台風被害により家計が急変し、奨学金の貸与を希望する短期大学・大学・大学院・専修学校(専門課程)・高等専門学校に在学中の学生。無利息の緊急採用(第一種奨学金)と利子付の応急採用(第二種奨学金)があり、在学する学校を通じて申し込む。

 災害救助法適用地域に居住する世帯で、当該の災害により家計が急変したことにより奨学金を希望する者は、該当者全員の推薦を受け付ける。また、災害救助法の適用を受けない近隣の地域で、同等の災害にかかった世帯の学生・生徒ならびに同地域に勤務し勤務先が被災した世帯の学生・生徒で同等の災害にかかった者についても、採用できる場合があるため、学校窓口に相談してほしいという。

 また、今回の台風による災害で学生本人が居住する住宅に半壊以上など(床上浸水を含む)の被害を受けた学生・生徒を対象に、1日も早く通常の学生生活に復帰し、学業を継続できるようJASSO支援金を支給する。支給額は10万円(返還不要)。在学している学校を通じて申込みを受け付ける。

 災害により奨学金の返還が困難になった者に対しては、毎月の返還額を減額して返還できる「減額返還制度」、返還期限の猶予を願い出ることで一定期間返還期限が延期される「返還期限猶予制度」が設けられている。制度利用希望者は、「奨学金減額返還願」もしくは「奨学金返還期限猶予願」を日本学生支援機構に提出する。

 緊急採用奨学金、JASSO支援金、減額返還制度、返還期限猶予制度の詳細は、JASSOのWebサイトから確認できる。

◆2019年台風第15号の影響による停電に伴う被害地域
【千葉県】
千葉市中央区・花見川区・稲毛区・若葉区・緑区、銚子市、館山市、木更津市、茂原市、成田市、佐倉市、東金市、旭市、勝浦市、市原市、鴨川市、君津市、富津市、四街道市、袖ケ浦市、八街市、印西市、富里市、南房総市、匝瑳市、香取市、山武市、いすみ市、大網白里市、印旛郡酒々井町、印旛郡栄町、香取郡神崎町、香取郡多古町、香取郡東庄町、山武郡九十九里町、山武郡芝山町、山武郡横芝光町、長生郡一宮町、長生郡睦沢町、長生郡長生村、長生郡白子町、長生郡長柄町、長生郡長南町、夷隅郡大多喜町、安房郡鋸南町(第1報、法適用日:2019年9月9日)

《リセマム 外岡紘代》

最終更新:9/17(火) 15:15
リセマム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事