ここから本文です

「こどもの国」餌代など値上げ 10月1日から

9/17(火) 12:30配信

カナロコ by 神奈川新聞

 児童厚生施設「こどもの国」(横浜市青葉区)は10月1日から、消費税率の10%への引き上げに伴い、乗り物や動物たちの餌代などを値上げする。入園料は据え置く。

 乗り物は、従来の料金から原則50~100円(一部200円)値上げする。ミニSLや園内バスは200円から300円になる。利用の多い子どもの自転車(100円)は据え置く。こどもの国牧場では、餌代を50円から100円に上げる。

 駐車場は普通車が100円値上げし千円にする。プールやスケート料金、自然研修センター、キャンプ場の宿泊料、野外炊事の利用料も値上げする。

 1989年の消費税導入時から一部を除いて値上げせず運営してきたが、施設や緑の整備などにかかる経費の増加を受けた措置という。

 同園は多摩丘陵の雑木林を生かした自然の遊び場として65年に開園。旧日本陸軍の弾薬庫跡地を利用して整備された。

神奈川新聞社

最終更新:9/17(火) 12:30
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事