ここから本文です

元トランポリンズのメンバーによるパワー・ポップ・プロジェクト、ザ・ミスティーズが日本デビュー

9/17(火) 17:31配信

CDジャーナル

元トランポリンズのメンバーによるパワー・ポップ・プロジェクト、ザ・ミスティーズが日本デビュー

元トランポリンズのメンバーによるパワー・ポップ・プロジェクト、ザ・ミスティーズが日本デビュー

 1995年のアルバム『スプラッシュ!』が日本で10万枚を超える大ヒットとなったスウェーデンのポップ・バンド、トランポリンズのメイン・ソングライターだったヨハン・ステントープがパワー・ポップ・プロジェクトのミスティーズ(The Misties)を始動。デビュー・アルバム『ドリフトウッド』(CD SICX-130 2,400円 + 税)が10月9日(水)に日本先行発売されます。

 アルバム収録曲の「That Is Not What Friends Are For」と「Everything We Were」がSoundcloudで公開中。ビートルズ、ポール・マッカートニー、ラズベリーズ、トッド・ラングレン、バッドフィンガー、ELO、XTC、10cc、ジェリーフィッシュなどから影響を受けてきたという、ステントープならではのポップ・ミュージックの魅力が詰まったアルバムの一端を聴くことができます。

 アルバム・タイトルの『ドリフトウッド』(流木)について、曲を書くときに「海岸を歩きながら頭のなかでコード進行を考え、思いついた歌詞も携帯にメモする」ことからつけたとステントープは語っています。

最終更新:9/17(火) 17:31
CDジャーナル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事