ここから本文です

長沢節さんの軌跡紹介 21日から喜多方市美術館

9/17(火) 9:36配信

福島民報

 会津若松市出身でファッションイラストレーターの草分けとなった故長沢節(ながさわ・せつ)さんの軌跡を紹介する「長沢節展 会津の長澤●(のぼる)から憧れのセツへ」は二十一日から喜多方市美術館で開かれる。十一月四日まで。

 同館の特別企画展。県立美術館、セツ・モードセミナーなどの協力。長沢さんの水彩画や人物デッサン、挿絵原画のほか、愛用の画材、衣装などの資料を展示する。小学校時代の恩師渡部菊二さん、会津での活動を支えた角田行夫さんら長沢さんに影響を与えた水彩画家の作品も合わせて並べる。

 期間中、関係者によるトークイベントなどの関連企画も行われる。

 開館時間は午前十時から午後六時(最終入館は午後五時半)まで。水曜日休館。観覧料は一般五百円、大学・短大・専門学校・高校生三百円、小中学生二百円。

 主な関連企画の日程は次の通り。

 ▽トークイベント「飯野和好氏によるギャラリートーク」=22日午後2時

 ▽トークイベント「会津の長澤●、東京のセツ」=10月19日午後2時

 ▽ワークショップ「一本の線が美しい」=10月20日午後2時

 ▽展示作品解説=9月28日、10月12日、26日。いずれも午後2時。

※●は日の下に舛

最終更新:9/17(火) 9:36
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事