ここから本文です

大坂なおみの元コーチ・サーシャ氏 コンビ復活は「分からない」

9/17(火) 13:51配信

東スポWeb

 女子テニスの世界ランキング4位・大坂なおみ(21=日清食品)の元コーチとして知られるサーシャ・バイン氏(34)が17日、自身の著書「心を強くする~世界一のメンタル50のルール」の出版記念イベントを都内で行った。

 サーシャ氏は大坂のメンタル強化に尽力し、4大大会制覇や世界ランク1位に導いたことで知られる。だが、今年の全豪オープンV直後にコーチ契約を突然、解除されて世間の関心を集めていた。現在はクリスティナ・ムラデノビッチ(26=フランス)のコーチを務めており、日本で開催中の国際大会「東レ・パンパシフィック・オープン」(大阪・ITC靱テニスセンター)に出場中。“元相方”の大坂とトーナメントで当たる可能性は決勝戦のみだが、サーシャ氏は「もし対戦したら、とてもストレスがたまりそうだよ」と苦笑した。

 サーシャ氏は精神的に弱かった大坂を育てていく中で培ったメンタル論を著書の中で紹介。ルーティンの必要性の中で、大坂が大会中2週間ずっとサーモンベーグルを食べ続けたエピソードや、大坂に「怒りを抑えるのはもっと危険」と諭し、ラケットを叩きつけて感情を出す大切さを説いた過去などを明かしている。

 大坂は13日、サーシャ氏の次のコーチを務めたジャーメーン・ジェンキンス氏(34)との契約解除を公表。イベント後の囲み取材で大坂とのコンビ復活について問われたサーシャ氏は「分かりません。私には今、教えている選手がいる。そこに100%エネルギーを注いでいるので」と答えた。また、現在の大坂について「私がいなくても、いいシーズンを過ごせていると思う」と笑顔で話した。

最終更新:9/17(火) 13:52
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事