ここから本文です

FIA F2&FIA F3の2020年開催カレンダー発表。ザントフールトが新開催に名乗り

9/17(火) 19:50配信

motorsport.com 日本版

 FIA F2とFIA F3は9月17日(火)、2020年シーズンの開催カレンダーを発表した。同年からのF1開催が決定しているオランダのザントフールト・サーキットでのレースがF2、F3ともに新規追加された。

【写真】1981年オランダGPのレース風景

 FIA F2は、今季と同じくバーレーンのサクヒールで開幕。その後、ラウンド2としてザントフールト戦が行われる。しかし、今季ラウンド5として開催されたポール・リカール戦がカレンダーから消滅したことで、全12ラウンド24レースというフォーマットは維持されることとなった。

 FIA F2のCEOを務めるブルーノ・ミシェルは次のようにコメントした。

「来季、我々(FIA F2)のカレンダーは再び12ラウンドによって構成され、全てF1のグランプリウィークエンドの一部として開催される。過去2年間でヨーロッパラウンドとフライアウェイ戦の適切なバランスを見出したため、イベントの開催数を同数に保つことができた」

「もっと多くのサーキットがF2レースを行いたいと考えていたことを確認できたが、我々はコストを抑え、イベント数を12に抑えることで、この選手権を(チーム・ドライバーにとって)手の届く価格で維持したいと思っている」

■FIA F2 2020年シーズン開催カレンダー
3月20-22日:サクヒール(バーレーン)
5月1-3日:ザントフールト(オランダ)
5月8-10日:バルセロナ(スペイン)
5月21-23日:モンテカルロ(モナコ)
6月5-7日:バクー(アゼルバイジャン)
7月3-5日:シュピールベルグ(オーストリア)
7月17-19日:シルバーストン(イギリス)
7月31日-8月2日:ブダペスト(ハンガリー)
8月28-30日:スパ・フランコルシャン(ベルギー)
9月4-6日:モンツァ(イタリア)
9月25-27日:ソチ(ロシア)
11月27-29日:ヤス・マリーナ(アブダビ)

 また、FIA F3の2020年シーズン開催カレンダーも、併せて発表されている。こちらもポール・リカールでの開催がなくなったが、サクヒールとザントフールト戦が加わったことにより、2019年シーズンより1ラウンド多い全9ラウンドでの開催となった。

■FIA F3 2020年シーズン開催カレンダー
3月20-22日:サクヒール(バーレーン)
5月1-3日:ザントフールト(オランダ)
5月8-10日:バルセロナ(スペイン)
7月3-5日:シュピールベルグ(オーストリア)
7月17-19日:シルバーストン(イギリス)
7月31日-8月2日:ブダペスト(ハンガリー)
8月28-30日:スパ・フランコルシャン(ベルギー)
9月4-6日:モンツァ(イタリア)
9月25-27日:ソチ(ロシア)

Jack Benyon

最終更新:9/17(火) 19:53
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事