ここから本文です

少女人身売買のエプスタイン事件、テック業界の関わりは? ゲイツ氏は関与否定。AIの父に買春疑惑→GNUの父は擁護発言で辞任

9/17(火) 18:01配信

ギズモード・ジャパン

続・激震。

未成年女子人身売買容疑で逮捕され、警備厳重なはずの留置所内で自殺(?)を遂げた富豪ジェフリー・エプスタイン。彼から多額の資金を受け取っていた件が明るみになり、伊藤穣一氏がMITメディアラボ所長とNew York Times役員を辞任して1週間。事態はあらぬ方向に流れ流れています…。1週間の動きをダイジェストでどうぞ。

【全画像をみる】少女人身売買のエプスタイン事件、テック業界の関わりは? ゲイツ氏は関与否定。AIの父に買春疑惑→GNUの父は擁護発言で辞任

※今までの流れは過去記事でどうぞ。

MIT学長が大学ぐるみの隠ぺいを認め謝罪

まず、資金の出元の隠ぺいを指示したのは大学の経営陣であったことが、マサチューセッツ工科大学(MIT)のL. Rafael Reif学長の第三者調査の経過報告で判明しました。

1. 学長の署名入りで2012年8月12日、エプスタインに寄付への感謝状が送られていた(自分には記憶がない)。

2. メディアラボが2013~2017年に寄付を受け取っていたことは大学側も知っていた。2013年に寄付初回分を受け取っていた事実を知り、大学上層部が伊藤氏に事実関係を確かめたところ、寄付は保持したい、前科者だが更生していると伊藤氏が言ったため、大学側は保持を認めるのと引き換えに、大学の名前が売名行為に利用されないよう匿名処理を命じ、メディアラボはこの指示に従った。

3. 大学上層部の定例会議でもエプスタインの件は少なくとも1度話し合われ、それには自分(学長)も同席した。もっと突っ込んでエプスタインのこと、伊藤氏との関係を聞くこともできたのにそれをしなかったのは自分の責任だ。事の重大さを認識していなかった。

まあ、表ざたにならなければお金の有効利用というぐらいの気持ちだったんでしょうね。エプスタインはLinkedIn創業者主催のシリコンバレーのVIPディナーにも出席したりして、「ITに造詣の深い篤志家」を売りにしてましたから。

NY大学中退のはずなのに、2008年に児童買春で刑務所送りになるまではハーバード大学に巨額の寄付をしてハーバードのパーカーをよく着て「ハーバードマン」と呼ばれていたので、MITのパーカーを着て「MITマン」と呼ばれるのだけは避けたいと思って隠蔽したんでしょね…。

1/4ページ

最終更新:9/17(火) 18:01
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事