ここから本文です

研究されてもHR量産 ヤクルト村上を変えたコーチの助言と意識改革

9/17(火) 12:00配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 記録更新目前となった。

 16日の広島戦で2発を放って35本塁打、中西太の持つ高卒2年目以内の最多本塁打記録(36本)まであと1本に迫ったヤクルト・村上宗隆(19)のことだ。

 シーズン中盤には相手チームに研究され、三振や凡打の山を量産。見るに見かねた石井琢打撃コーチは村上の意識改革に着手した。

「潜在意識の中でどうしても体が無意識に右に大きいのを、というのがスイングで出ている。ホームランに味をしめると、それに取りつかれるように同じスイングをしようとしてフォームが崩れていく。それを踏まえて反対方向に意識させる。結局、試合になったら『フォーム』では打てない。その意識ひとつ変えるだけで良くなる」

 アドバイスが奏功したか、7月は21試合で1本だった本塁打が8月には27試合で11本に。8月以降の計15本塁打中、右方向は5本、左方向は7本、中堅方向は3本と、広角に打ち分けている。

 村上自身はこう言う。

「バッターボックスでは逆方向を意識して、(走者がいる場合は)つなぐ気持ちで打席に立ちます。高校時代からそこは変わらずシンプルです。キャッチャーとしての経験はあまり生かしていないと思います。投手との駆け引きとか、配球はあまり意識しません」

 派手な一発がある一方で、打率は・233とセ・リーグで下から2番目。14日には今季174三振目を喫し、セの記録を更新した。15失策もリーグワースト2位と課題は多く、「ヤクルトだから試合に出られる」と厳しい声もあるが、首脳陣は口を揃えてこう言う。

「他球団の人からも『村上はミスが多くても使い続けないといけない。大事に育てていくべきだ』とよく言われる。『ヤクルトだから出られる』なんて言われるけど、チヤホヤするつもりもない。でも、まだ19歳。経験していかないと分からないことの方が多い」

 もっとも本人は「使ってもらっている」と謙虚に繰り返す。まだまだ成長しそうな19歳だ。

最終更新:9/17(火) 12:00
日刊ゲンダイDIGITAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事