ここから本文です

南北軍事合意 緊張緩和と信頼醸成に寄与=韓国国防部

9/17(火) 11:50配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官は17日の定例会見で、2018年9月19日の署名から間もなく1年を迎える北朝鮮との南北軍事合意について見解を問われ、「軍事合意は南北間の軍事的な緊張の緩和と信頼醸成に実質的に寄与した」と評価した。

 軍事合意は朝鮮半島の非核化と南北関係の発展へ推進力を与え、朝鮮半島の恒久的な平和定着に向けた国民の共感形成の契機にもなったとした。一方で、「軍事合意が完全に履行されるまでは、もう少し時間と努力が必要だ」との見方を示した。

 南北首脳会談に合わせて締結された軍事合意には、南北間の敵対行為中止など、軍事的な緊張緩和策が盛り込まれた。

最終更新:9/17(火) 17:01
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事