ここから本文です

作業主任者を選ばずに解体作業 作業員10メートル下に落下し重傷 建設会社社長を書類送検

9/17(火) 20:50配信

カナロコ by 神奈川新聞

 川崎南労働基準監督署は17日、労働安全衛生法違反の疑いで、横浜市鶴見区の建設会社と同社の男性社長(57)=同区=を書類送検した。

 書類送検容疑は、昨年10月7日、川崎市川崎区の工場で、作業主任者を選任せずに高さ5メートル以上の鉄骨造の建屋の解体作業を行わせた、としている。容疑を認めているという。

 労基署によると、解体作業に従事していた男性(56)が高さ約10メートルの場所から落下して頭などを打ち、重傷を負った。

神奈川新聞社

最終更新:9/17(火) 20:50
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事