ここから本文です

阪神・近本が記録ラッシュ ミスター超えまであと4本

9/17(火) 16:34配信

東スポWeb

 阪神のドラフト1位ルーキー・近本光司外野手(24)の勢いが止まらない。16日の巨人戦は2安打2盗塁2得点でチームをけん引。球団新人最多となる41度目のマルチ安打で今季150安打に到達した。これで2017年の中日・京田陽太を抜いてセ・リーグ新人安打記録の単独2位に浮上。長嶋茂雄(巨人)が1958年に記録したセ新人記録の153安打まであと3本に迫った。

「今日は一番いい仕事ができたかなと思います。ヒット? 数がどうとかいうよりも、自分の気持ちが楽になるようにと毎日思ってやってます」。そう笑顔で話す近本は足でも魅せる。この日は初回に二盗、6回には三盗を決め、いずれも得点に絡んだ。1試合2盗塁は8月17日の巨人戦以来で7度目。33盗塁はヤクルト・山田哲に並ぶリーグトップで、セ新人では1989年のヤクルト・笘篠賢治を抜いて歴代単独5位と記録ラッシュだ。

「(盗塁で)そういうプレッシャーを与えるとかも仕事。投手が意識してくれたら自分の価値はある」と01年の赤星憲広(阪神)以来となる新人の盗塁王も射程に捉えた。

 矢野監督も「走者で出て1個先の塁に行くだけでなく、プレッシャーをバッテリーに与えてくれた。本当に近本の足は大きい」と改めて感謝しているが、今やCS争いもピンチと化したチームにとって近本は欠かせない“看板選手”。球団関係者は「このところ鳥谷、掛布SEAの今季限りの退団、ソラーテの契約解除とか暗い話題が立て続けに起きた。シーズン通じてずっと明るい話題を提供してくれているのは近本だけ。あの頑張りには頭が下がる」と言う。

 毎年オフには各タイトルの表彰選手らがNPBアワードで集うが、チーム内では「ウチで誰もいなかったら寂しい」との声もあり、阪神でそれが期待できるのが近本ぐらい。前日15日の巨人戦敗戦で阪神は14年連続のV逸が決定した。あと4本に迫ったミスター超えもバッチリと決めてほしいものだ。

最終更新:9/17(火) 16:37
東スポWeb

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事