ここから本文です

「iPhone 11」ファミリー登場/UQ mobileが縛りなしの新プラン

9/17(火) 14:50配信

ITmedia Mobile

 今回の「ITmedia Mobile Weekly Top10」では、2019年9月9日から9月15日までのアクセスを集計し、ランキングとしてまとめました。

【UQ mobileは新料金プランを発表】

 9月10日(米国太平洋夏時間)、Appleが「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」と、それに伴う継続販売モデルの値下げなどを発表しました。そのこともあり、アクセス数の上位10記事のうち9つが発表内容に関連する記事となりました。

 7位の記事にもある通り、iPhone 11ファミリーはiPhone XS/XS Max/XRと比較すると値段を抑えています。恐らく、改正電気通信事業法と、それに伴う総務省令やガイドラインを受けて、価格面で努力したものと思われます。

 とはいえ、Apple Store(直販)の価格はそれなりにしますし、大手キャリアの販売価格は直販よりも高価であることも変わりありません。下取りプログラムをうまく活用すれば比較的手頃な価格で購入することもできるのですが、手元にスマホを残しておきたい人にとっては活用も難しいところです。

 9月16日の記事でも述べた通り、私自身は今、端末購入費用の捻出に課題を抱えている上、2019年冬商戦向けのAndroidスマートフォンが間もなく出てくることも鑑みて予約することを見合わせています。つまり、iPhone 11ファミリーのウェーブに乗り遅れることは確実です……。

 欲しいもの(あるいは必要なもの)がたくさんあることは、こういうときに困りものだと身にしみる今日この頃です。

 唯一、Appleに関連しない記事としてランクインしたのが、5位の「UQ mobileが縛りなしの『スマホプラン』を10月スタート 月額1980円から」です。

 従来のUQ mobileの「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」は、契約から1年目、2年目、3年目以降で月額料金が上がっていくという“課題”を抱えていました。それに対して、新しい「スマホプラン」では契約期間を問わず料金が均一な上、契約解除料(違約金)もかからないという点が大きく評価されているようです。

 10月1日以降の新規契約からは、定期契約の解除料の上限が1000円となります。その上限に解除料を「値下げ」するキャリアがある一方で、これを機にあえて解除料を撤廃しようとしているキャリアもあります。今後、解約金はどうなっていくのか、注目です。

1/2ページ

最終更新:9/17(火) 14:50
ITmedia Mobile

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事