ここから本文です

LINE、日本でも仮想通貨取引所「BITMAX」開始

9/17(火) 20:05配信

ITmedia NEWS

 LINEのグループ会社のLVC(東京都品川区)は9月17日、日本国内向け仮想通貨取引サービス「BITMAX」の提供をAndroid版LINEアプリで始めた。LINEはすでに日米以外の地域を対象に仮想通貨交換サービス「BITBOX」を展開している。

【画像】仮想通貨取引サービス「BITBOX」

 BITMAXはLINEアプリ内の「ウォレット」タブから使える仮想通貨取引サービス。LINEアカウントを持つ日本在住の満20歳以上かつ満75歳未満のユーザーが対象。本人確認終了後、審査が終われば取引できるようになる。LINE Payで本人確認済みであれば、確認手続きを短縮できるという。

 取引できる仮想通貨はBTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)、BCH(ビットコインキャッシュ)、LTC(ライトコイン)。日本円換算で1000円以下から取引できる。LINE Payによる入出金に対応。LINE Payで登録している銀行口座からのチャージにも対応するという。

 不正送金対策には米国のブロックチェーンセキュリティ企業BitGoの技術を活用。仮想通貨の管理はコールドウォレットで行い、社内にはセキュリティ専門チームを設置して管理体制を強化する。

 LINEはこれまでも、仮想通貨取引サービス「BITBOX」で約30種類の仮想通貨を取り扱っているが、日本と米国からはアクセスできなかった。9月6日にはLVCが仮想通貨交換業者として金融庁に登録されていた。

ITmedia NEWS

最終更新:9/17(火) 20:09
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事