ここから本文です

新駅建設で山手線運休 11月16日、JR発足後初

9/17(火) 17:14配信

共同通信

 JR東日本は17日、2020年春に開業予定の高輪ゲートウェイ駅建設に向け品川駅などで線路切り替え工事をするため、山手線大崎―東京―上野間は内回り、外回りともに11月16日始発から午後4時ごろまで運休すると発表した。同日午後6時ごろには通常ダイヤに戻る予定。工事が大規模で、夜間だけでは間に合わないと判断した。1987年のJR発足以降、山手線の運休を伴う工事は初めて。

 同日は土曜で、反対側の大崎―新宿―上野間は午後6時ごろまで運転本数を通常の7割程度に減らす。運休区間も再開から午後6時ごろまで7割程度の本数となる。工事ができない場合は12月に延期する。

最終更新:9/17(火) 19:18
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事