ここから本文です

KYOTO SAMURAI BOYSが定期公演スタート

9/17(火) 18:58配信

デイリースポーツ

 男性18人組ユニット「KYOTO SAMURAI BOYS」17日、同日グランドオープンを迎えた京都・平安神宮敷地内の専用劇場「KYOTO SAMURAI THEATER」で、定期公演の初日公演を行った。

【写真】熱演するKYOTO SAMURAI BOYS

 「KYOTO SAMURAI BOYSは」、全国からオーディションで選抜された18人で結成。侍の世界をモチーフに、「椿」「桔梗」「若葉」3チームに分かれ、定期公演を行う。7日にはさいたまスーパーアリーナで行われたファッションイベント「東京ガールズコレクション2019A/W」にオープニングアクトとして登場した。

 構成・演出を務めるのは、世界的ダンサーであり舞台演出家でもある、ダンスユニットPaniCrew(パニクルー)の植木豪(43)。ノンバーバルの芝居や歌とダンスに加え、京都ならではの日本文化を気軽に体験できるエンターテイメントショーを展開する。

 開演前には公開稽古を行い、報道陣の取材に対応。植木は「メンバーの個性、この劇場だからこそ体験可能な没入感、ゲームの世界にお客さまとともに入っていく感じを大切した作品。メンバーの良き兄貴として、そして一緒に戦って行く仲間として、自分にも新しい志ができたプロジェクトだと思っています」と意気込みを示した。

 チーム「椿」の福澤侑(23)は「メンバー一人一人、個性的で飽きることなく、おもしろい人たちばかりです。ライブになるとそれぞれのキャラクターが前面に出てくるのでそちらも是非注目して下さい」と気合十分。721日には、京都市のみやこメッセで開催される「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2019」のオープニングステージにも出演する。

最終更新:9/17(火) 19:24
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事