ここから本文です

ロッド・スチュワート、フェイセズの特別パフォーマンスで、癌の治療を受けていたことを告白

9/17(火) 10:44配信

BARKS

ロッド・スチュワートが、2年半前に前立腺癌と診断され、密かに治療を受けていたことを明かした。幸いなことに早期発見だったため、すでに治癒しているという。

◆ロッド・スチュワート画像、動画

週末(9月14日)、前立腺癌の啓蒙および患者を支援する団体Prostate Projectの活動資金を調達するため英国で開かれたチャリティー・イベントに出席したロッドは、フェイセズの元バンド・メイト、ロニー・ウッド、ケニー・ジョーンズとスペシャル・パフォーマンス中にこう話した。

「今朝、妻から“今夜は秘密を明かすのに相応しい夜ね”って言われたんだ。違うよ! 君らが考えているようなことじゃない。2年前、僕は前立腺癌だって診断されたんだ。誰にも言ってなかったけど、みんなに知らせてもいい時だって思った。いまは快復してる。早期発見だったからだよ」

そして、男性たちに「医者に行かなきゃダメだ。尻に指突き立てられて、痛みもなく完了だ」と、検査を受けることを勧めた。「ポジティブで、笑顔で取り組めば……、僕は2年間、治療を受けながらハッピーでいたよ。神が面倒を見てくれた」

英国の新聞『Daily Mirror』によると、2016年2月、定期健診で発覚したという。

ケニー・ジョーンズも2013年に同じく前立腺癌と、ロニー・ウッドは2017年に肺癌と診断され、快復している。ロッドは2000年には甲状腺癌と診断され、腫瘍を切除する手術を受けていた。

Ako Suzuki

最終更新:9/17(火) 10:44
BARKS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事