ここから本文です

「だいぶ練習したんですが…」アナウンサー泣かせは横綱級? 若隆景が早口言葉レベルの難度「わかたかかげ」

9/17(火) 7:04配信

AbemaTIMES

 相撲界には、個性豊かな四股名が多数あるが、実況をするアナウンサー泣かせという意味では、若隆景(わかたかかげ)が横綱級かもしれない。

【中継映像】早口言葉レベルの「わかたかかげ」

 親子3代の力士として知られる若隆景は、現在十両三枚目。悲願の幕内まであと一歩のところまで来ているが、9月16日の九日目には、幕内で取組に臨んだ。ベテラン豊ノ島を破り、3勝6敗と終盤に向けてこれ以上黒星を増やしたくないところ、力強い相撲で踏みとどまった。

 相撲内容以上に注目を浴びたのが、その四股名の読みにくさだ。この日中継していたAbemaTVで岸根正朋アナウンサーは、若隆景の取組について、慎重に「わかたかかげ」と繰り返した。これには解説を務めていた元関脇・寺尾の錣山親方が「言いにくいですよね」とポツリ。すると岸根アナウンサーも「だいぶ練習したんですが…」と漏らすと、錣山親方は「だいぶ噛んでましたね」と追撃していた。

 漢字で見る分には「若隆景」は決して難読、というわけではないが、声に出して読んで見ると、これが早口言葉レベルの難しさ。視聴者からもコメント欄に「わかたか」「わたたか」「わかかた」と、読み間違いのパターンが数多く寄せられた。さらには「わかた・かかげ」と区切るようにした方が読みやすい、といったアドバイスまで寄せられていた。

最終更新:9/17(火) 7:04
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事