ここから本文です

どうなる?オリンピック・イヤーの入園・入学費用

9/17(火) 10:20配信

ベネッセ 教育情報サイト

入園・入学シーズンまであと半年。新生活が始まるお子さまのご家庭では、準備を具体的に進めていく時期ですね。消費税増税とともに実施される幼児教育無償化で、負担は軽減されるのかも気になります。
そこで今回は、幼稚園等への入園・小学校入学にかかる教育費について、確認しておきましょう。

3歳から5歳の幼児教育・保育の無償化がスタート

ご存知の通り、幼稚園・保育園・認定こども園等の3歳~5歳児クラスの利用料が、10月より無償化されます。幼稚園では月額2.57万円を上限として、認可外保育施設については月額3.7万円を上限として保護者の負担が軽減されるというものです。

例えば、保育の必要性が認定されて幼稚園と幼稚園の預かり保育を利用している子どもの場合は、幼稚園の保育料無償化上限額(月2.57万円)を含め、月3.7万円までが無償化されます。とは言え、保育料が無料になっても、通園送迎費(園バスなど)・食材料費・行事費等は、これまで通り保護者の負担です(ただし、食材料費は条件により免除されるなどの場合があります)。

保育園・認可外保育施設でかかる費用

認可保育園等の場合、自治体が定めた基準や保護者の所得により、保育料は異なります。右表は、保護者が負担する月額保育料の平均額で、月額2万円余りでした(3歳未満含む)。3歳~5歳児(と非課税世帯の0~2歳児)クラスについてはこの部分が10月から、来年4月入園の3歳~5歳児は入園当初より無償化により軽減されます。

認可外保育施設を利用する3歳児の平均利用額は右表の通りで、認可保育園等に比べ高額になっています。月3.7万円までが無償化されるとしても、事業所内保育施設が利用できなければ、上限を超えて自己負担が発生する可能性があります。

入園と幼稚園でかかる費用

2016年度「子どもの学習費調査」(文部科学省)によると、3歳児の園生活にかかる教育費は、公立で年間およそ12.7万円、私立36.9万円となっています。
この中の通園送迎費(園バスなど)・食材料費・行事費等は従来通り保護者負担となるため、無償化になるのは、授業料相当額と考えられます。

入園準備品については、園によっては指定の業者から購入するものもあるなど、かかる費用や金額は異なります。中でも制服は、冬服と夏服・通園カバン・帽子・体操服・上履き・水着・エプロンなどが必要になる場合も。園で使うコップなどの生活雑貨や服・小物を入れる袋などを準備するケースもあるので、説明会等でよく確認しておきましょう。

また、お稽古ごとなどの学校(園)外活動費に年間6~8万円が支出され、負担は少なくありません。子どものために有意義な使い方を家族で話し合ってみるのもひとつです。

1/2ページ

最終更新:9/17(火) 10:20
ベネッセ 教育情報サイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事