ここから本文です

先進安全装備や運転支援システムも充実!街乗りでのマツダ3の印象

9/17(火) 7:00配信

&GP

先進安全装備や運転支援システムまで充実

日本での販売がスタートしてから4カ月余り。デリバリーも順調に進んでいるようで、街中で見かける機会も多くなってきた「マツダ3(スリー)」。

【詳細画像はこちら】

2018年末のロサンゼルスモーターショーで世界初公開されて以来、折に触れて紹介してきましたが、今回ようやく、日本仕様の公道試乗が叶いました。

前身の「アクセラ」からマツダ3へと車名変更するなど、新世代マツダ車の先陣を切って市場へと投入された注目モデルだけに、その完成度が気になるという人も多いことでしょう。今回は、そんなマツダ3の“現在”のラインナップと、街乗りの印象について報告します。

マツダ3“現在”のラインナップ

日本で3世代にわたって展開されてきたアクセラから、海外モデルと同じネーミングへと改められたマツダ3。同社の新世代車両構造技術である“スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー”を採用。そして、2019年末には新世代ガソリンエンジン“スカイアクティブX”の搭載も予定されるなど、ネーミングやデザインだけでなく、その中身も大きく刷新されています。

エクステリアも、ひと目でマツダ車と分かる“魂動デザイン”を核としながら、不要な要素を削ぎ落とし、滑らかなボディの面で構成するなど、さらなる深化を遂げています。

ボディタイプは、新たに“ファストバック”と名乗ることになった5ドアハッチバックと、落ち着いたたたずまいの4ドアセダンの2種類が用意されますが、それぞれのボディパネルを細かく作り分けるなど、各々の差別化も徹底しています。

ボディサイズは、ファストバックが全長4460×全幅1795×全高1440mm、セダンは全長4660×全幅1795×全高1445mmという数値ですが、フォルクスワーゲン「ゴルフ」などが属す欧州“Cセグメント”サイズといった方が、分かりやすいかもしれませんね。

“現在”のマツダ3には、1.8リッターのディーゼルターボ“スカイアクティブD”と、2種類の自然吸気ガソリンエンジン“スカイアクティブG”が用意されており、ボディタイプによって設定が異なります。

まずファストバックは、最高出力116馬力のスカイアクティブDに加え、最高出力111馬力の1.5リッターと、156馬力の2リッターという、ふたつのスカイアクティブGを設定。駆動方式とトランスミッションは、スカイアクティブDと1.5リッターのスカイアクティブGはFFと4WD、6速MTと6速ATが用意されますが、2リッターのスカイアクティブGは、FF+6速ATのみの設定となります。

対するセダンは、スカイアクティブDと、2リッターのスカイアクティブGのみの設定。ディーゼル仕様はFFと4WDを選べますが、ガソリン仕様はFF+6速ATのみで、トランスミッションは両エンジンとも、6速ATだけとなります。

2リッターのスカイアクティブGは、駆動方式などの選択肢が少ない印象を受けますが、これは年末にデビュー予定のスカイアクティブXを見越しての設定…といったところでしょうか。スカイアクティブX仕様はファストバック、セダンともにFFと4WD、また、ファストバックには6速ATのほかに6速MTも設定されており、全体のバリエーションはさらに広がる予定です。

そんなマツダ3でこだわりを感じさせる点が、先進安全装備や運転支援システムの充実。安全装備は、ダイナミンク・スタビリティコントロールシステム(横滑り防止機構)&トラクションコントロールシステム、衝突被害を軽減するスマート・ブレーキ・サポート、死角からのクルマの接近をドライバーに通知するブラインド・スポット・モニタリング、車線からの逸脱回避を支援するレーンキープ・アシストなどが、全グレードに標準装備されています。また、近年、注目を集める運転支援システムは、レーダーセンサーによって先行車を検知し、アクセル/ブレーキペダルを踏まなくても車間距離をキープして追従走行を行う“マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール”を全グレードに標準装備。

ちなみに、マツダ3のメーカーオプションリストを見ると、驚くほどシンプル。360度ビューモニターやドライバーモニタリングをセットにした“360°セーフティパッケージ”(8万5300円)、エントリーグレード向けのスーパーUVカットガラスや地上デジタルチューナーなどのセットオプション(4万8600円)、上位グレード向けのBOSEサウンドシステム+12スピーカー(7万5600円)など、いくつかのセットが用意されるだけ。裏を返せば、安全装備や運転支援システムは基本的には“全部盛り”状態というのが、マツダ3なのです。

気になる価格は、最もベーシックなファストバック「15S」(FF)で218万1000円~。“現在”、最も高いグレードのファストバック「Xバーガンディセレクション」(4WD)で362万1400円~ですから、装備内容を考えるとお得な価格設定といえるのではないでしょうか。

1/3ページ

最終更新:9/17(火) 7:00
&GP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事