ここから本文です

46年前の「石綿労災」認定 根室の遺族に給付金 全国最古

9/17(火) 11:30配信

北海道新聞

「ようやく父も浮かばれる」と長男

 【根室】1973年にアスベスト(石綿)特有のがんの一種「中皮腫」で死亡した千葉県の男性=当時(49)=について、中央労働基準監督署(東京)が業務による疾患を認め、石綿健康被害救済法に基づく特別遺族給付金を、根室市に住む60代の長男に支払っていたことが分かった。同法による救済制度の適用は事実上の労災認定に当たる。長男は「労災だったことが認められ、ようやく父も浮かばれる」と話している。

 患者支援団体「中皮腫・アスベスト疾患・患者と家族の会」(東京)によると、救済制度の対象として46年前に死亡した中皮腫患者が認定されるのは、労災認定を含めても全国で最も古い事例としている。

取引先の現場にアスベスト

 男性は60~73年に東京の空調設備会社でエンジニアとして勤務。アスベストに直接さらされることのない設計業務が中心だったが、取引先の現場がアスベストを取り扱っていたことや死亡後に行われた解剖の診断書の内容などから、業務による疾患と認定されたとみられる。詳しい認定理由は明らかにされていない。

 男性の長男は今年1月の北海道新聞の報道で、95年に中皮腫で死亡した札幌市の男性=当時(72)=の遺族に特別遺族給付金が支払われたことを知り、同会に相談。4月上旬に中央労基署に請求し、8月下旬に支給が決定された。

労災認定時と同等の1200万円

 特別遺族給付金は、労働者が業務によるアスベスト疾患で死亡し、死後5年の時効で労災補償を受けられなくなった遺族を救済するための制度で、労災認定時と同等の1200万円が支払われる。

 長男は「父はずっと体調が悪く、胸に痛みを感じていたが、原因が分からなかった。社会問題になって以降、父の死は『アスベストによる労災だ』と思っていたが、時効なので諦めていた」という。解剖診断書は仏壇の引き出しの中にあった。「89歳で亡くなった母も納得していなかったと思う。父のように患者や家族が労災と気付いていない事例は、ほかにもたくさんあると思う」と語る。(村上辰徳)

北海道新聞社

最終更新:9/17(火) 11:30
北海道新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事