ここから本文です

2市が五輪米サーフィン事前キャンプ地に

9/17(火) 12:07配信

静岡朝日テレビ

牧之原市と下田市は、東京オリンピックアメリカサーフィンチームとの間で事前キャンプの協定を結びました。
この協定は、アメリカサーフィンチームのホストタウンとなっている牧之原市と下田市が、去年2月の基本合意書に基づいて結んだものです。締結式では、統括団体のUSAサーフィンCEOグレッグ・クルーズさんと杉本基久雄牧之原市長、福井祐輔下田市長の3人が協定書にサインしました。クルーズさんは「文化交流を選手たちが楽しみにしています」と述べました。協定では、来年4月から7月の間の合宿受け入れについて費用負担を定めたほか、競技終了後1カ月以内の選手と地元との交流イベント実施も盛り込まれました。

最終更新:9/17(火) 12:07
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事