ここから本文です

【MLB】カブス・リゾー レギュラーシーズンの残り試合を欠場か

9/17(火) 11:34配信

MLB.jp

 ナ・リーグ中部地区首位のカージナルスを2ゲーム差で追い、逆転での地区優勝を目指すカブスだが、レギュラーシーズンの残り試合を正一塁手を欠いた状態で戦うことになりそうだ。日本時間9月16日のパイレーツ戦で守備時に右足首を痛めて途中交代したアンソニー・リゾーが、レギュラーシーズンの残り試合を欠場する可能性が高いことが明らかになった。

 正遊撃手のハビアー・バイエズ、クローザーのクレイグ・キンブレルを欠くなか、粘り強い戦いで首位カージナルスに食らいついているカブス。しかし、ここにきてチームのリーダー格であるリゾーまでも失うことになってしまった。

 相手打者のバントに対して一塁から猛ダッシュした際に右足首を痛めたリゾーは、苦痛に顔をしかめながら途中交代。MRI検査の結果、骨折は免れたものの、5~7日間は患部を保護するためのブーツを着用する必要があり、レギュラーシーズンの残り試合欠場が濃厚となった。

 ただし、リゾー自身は「できる限り早くプレイしたい」と話しており、レギュラーシーズンが閉幕を迎えるまでに戦列に戻ることを望んでいる。「身体の調子はとても良い。早期復帰の可能性を諦めたくないね。そのためにどんなことでもやるつもりだよ」と早期復帰に意欲を見せており、患部の状態次第では、レギュラーシーズン最終盤に戻ってくる可能性もゼロではない。

 リゾーは、今季ここまで140試合に出場し、打率.289、26本塁打、93打点、OPS.920をマークしている。出塁率.404は自己ベストの数字であり、OPS.920も2016年(OPS.928)に次いで自己2番目の数字。主力打者としての活躍はもちろん、安定感のある一塁守備や、若手野手が多いチームのなかでリーダーとしての役割も担ってチームに貢献していたため、リゾーの離脱がカブスに与える影響の大きさは計り知れない。リゾー離脱中にチームがどれだけ踏ん張れるか。5年連続のポストシーズン進出に向けて、カブスが正念場を迎えた。

最終更新:9/17(火) 11:34
MLB.jp

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事