ここから本文です

世界の観光競争力ランキング2019、日本が4位、文化資源や保健衛生で高評価、トップはスペイン

9/17(火) 13:30配信

トラベルボイス

国際的な経済研究機関でダボス会議の主催で知られる世界経済フォーラム(WEF)が隔年で実施する「旅行・観光競争力調査」の2019年度版が2019年9月に公表され、日本は前回の2017年と同じく4位に入った。2015年は9位だった。

トップ3はスペイン、フランス、ドイツの順。アジアでは中国が2ランクアップの13位、香港が3ランクダウンの14位、韓国が3ランクアップの16位と、前回との比較でばらつきはあるものの、日本のライバルである東アジア勢が上位に食い込んでいる。

オリンピック前に国際的開放性の評価向上

この調査は、旅行・観光の競争力を測る14分野90指標を用いて行われるもの。このうち、7点満点のスコアで日本が6点以上を取って高評価だった分野は、「安全・安心」(6.2)、「保健衛生」(6.4)、「ICT活用」(6.2)、「陸上交通と港湾インフラ」(6.0)、「文化資源とビジネス旅行」(6.5)。また、世界140カ国・地域中、国別で前回との比較では、「ビジネス環境」(5.4)が20位から15位、「安全・安心」が26位から13位、「国際的開放性」(4.6)が10位から6位などとランクを上げている。かつて日本は閉鎖的と言われることもあったが、ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックを目前に控え、国際的開放性の評価が高まっている点は大きいだろう。

日本に関する14分野の評価結果は下記のとおり。

多様な価格帯、環境への配慮に課題

14分野からさらに細分化された90指標のうち、「1万人あたりの医療機関ベッド数」、「国内陸上交通(列車、鉄道、バス、タクシー)」の効率性などが首位を獲得。一方で、120位を下回ったのは、「ビザ要件」(120位)、「購買力平価の低さ」(128位)、「絶滅危惧種の割合の低さ」(132位)。価格競争力の分野(日本113位)については、スペインが101位、フランスが128位と、観光大国といわれる国は総じて低い。環境への配慮も重要なポイントとなる。

旅行・観光競争力レポート2019 ランキングのトップ30は以下のとおり。

1/2ページ

最終更新:9/17(火) 13:30
トラベルボイス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事