ここから本文です

ハウス食品が仕掛ける「後がけスパイスカレー」に密着...熾烈極める「カレー戦争」

9/17(火) 17:01配信

テレ東プラス

現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリーシリーズ。

今回は、岐路を迎えたカレー市場を徹底取材。飽和状態を打破するために動く人々の姿を追う。

「ハウス食品」が手掛ける“後がけスパイス“の正体

今、ある画期的なシステムを取り入れたカレー店が話題になっている。それはカレー専門店「6curryKITCHEN」(東京・恵比寿)。月額会員制で月に3000円払えば、なんとカレーが1日1皿無料になるというシステムだ。透明なカップにルウとご飯、複数の野菜を詰めた「カップカレー」に、客が持ち込んだ食材を使うオリジナルカレーやなども提供。これまでにないスタイルが受け、多くの客が訪れる。

個性的なカレー店が次々と台頭する中、「ハウス食品」は頭を抱えていた。発売以来、カレールウ売上1位の「バーモントカレー」を有し、2015年にはカレーチェーン最大手「カレーハウスCoCo壱番屋」を買収し、外食カレーのトップに立った。順風に見える同社だが、人口減少とともに、カレーの国内市場が縮小を余儀なくされることに危機感を抱く。

「今までのものにしがみついているのでは成長性は追及できない」。同社の工東正彦社長は黒田英幸さん(42)をリーダーとした新領域開発部を立ち上げ、問題解決に向けて動き出した。

黒田さんは「バーモントカレー」「ジャワカレー」などのルウを使ったカレーパン専門店を成功させた実績を持つ。黒田さんが注目したのはスパイスカレーだ。さまざまな香辛料を自由に組み合わせた創作カレーは人気沸騰中で、近年大阪から進出した東京・世田谷区の「旧ヤム邸 シモキタ荘」には大行列ができるほど。

このブームに乗り、黒田さんは9月に新装オープンする「大丸心斎橋店本館」(大阪市中央区)で、スパイス料理店「ハウス クワエルスパイス」の出店を計画していた。ハウス食品が直営店を出すのは実に20年ぶりだという。

目玉にするのはオリジナルのスパイスカレー。創業の地・大阪で新たな歴史を刻む大事な計画で、メニュー開発を担当するのが同部の藤井佑典さん(33)。

1/3ページ

最終更新:9/17(火) 17:01
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事