ここから本文です

砲塔の回転機構も再現、国産74式戦車が1/43で登場

9/17(火) 20:00配信

&GP

待望の74式をレジン製モデルで再現

ミニカーファンだけでなく、ミリタリーファンからも絶大な支持を獲得している「ヒコセブン」の自衛隊車両専門のモデルカーブランド・islands(アイランズ)より、待望の戦車モデルが登場します。

【詳細画像はこちら】

1974年の配備開始から40年以上が経過しながら、現在もなお活躍中の国産第二世代主力戦車「74式戦車」を、1/43スケールのレジン製モデルで忠実に再現。砲身の付け根左側部分に赤外線暗視投光器が配された車両がモデル化されました。

105mm戦車砲を搭載した砲塔部は回転機構(可動仕様)になっており、好みの方向への変更が可能。副武装の12.7mm重機関銃や2本のアンテナ、各種装備品、無限軌道の履帯(非可動)など、どこを見ても隙のない再現ぶり。

手に取って隅から隅まで眺めるもよし、同梱される透明ケースに入れて、キレイな車体を心行くまで鑑賞するのもまたよし。価格は2万4000円(税別)、発売開始は10~11月の予定です。

(文/&GP編集部)

最終更新:9/17(火) 20:00
&GP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事