ここから本文です

J最年少ハット達成の唐山翔自が依然トップ!第13節終了時得点ランク

9/17(火) 12:16配信

高校サッカードットコム

 高校年代最高峰のリーグ、高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ2019 WEST第13節2日目が9月16日に行われた。

 得点ランキングは9月1日に行われた明治安田生命J3リーグ第21節のガンバ大阪U-23対福島ユナイテッドFC戦で16歳345日でJリーグ史上最年少でのハットトリックを達成したFW唐山翔自(ガンバ大阪ユース)が依然10得点でトップ。2位には第13節で2戦連続弾となる決勝ゴールを決めたFW大谷優斗(ガンバ大阪ユース)がつけている。得点王ランキングは以下の通り。

▽得点王ランキング(第13節終了時点※未消化あり)
1位:10得点
唐山翔自(ガンバ大阪ユース)
2位:9得点
大谷優斗(ガンバ大阪ユース)
3位:8得点
石井稜真(アビスパ福岡U-18)
4位:7得点
重野祥輝(ヴィッセル神戸U-18)
5位:6得点
荒木遼太郎(東福岡)
川崎颯太(京都サンガF.C. U-18)
棚田颯(サンフレッチェ広島F.Cユース)
福井和樹(ガンバ大阪ユース)
鮎川峻(サンフレッチェ広島F.Cユース)
10位:5得点
濃野公人(大津)
小宮健(京都サンガF.C. U-18)
光田脩人(名古屋グランパスU-18)
武内翠寿(名古屋グランパスU-18)
村上千歩(名古屋グランパスU-18)
福崎伶青(サンフレッチェ広島F.Cユース)

最終更新:9/17(火) 12:16
高校サッカードットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事