ここから本文です

香港デモが4カ月目に突入、収束の兆し見えず

9/17(火) 12:54配信

ロイター

「逃亡犯条例」改正案をきっかけとする政府への抗議活動が続く香港では、15日もデモや衝突が発生し、デモ隊が警察に火炎瓶を投げた。

<字幕本編>
香港のデモ隊は15日、警察に火炎瓶やレンガを投げつけ、香港の週末は再び暴力に終わった。警察は放水と催涙ガスで応じた。
デモは4カ月目に突入。条例改正案が撤回されたにもかかわらず、混乱が収束する兆しは見えず、中国や、香港の自治権侵害に対する広範なデモに発展した。
抗議者らは西側からの支援も求めている。ある集団は、香港の英国領事館の外に集まった。
香港の主権は1997年に、香港が中国本土では得られない多くの自由を保持することを認める合意に基づき、英国から中国に返還された。
英政府は、中国はこの合意を順守する法的義務があると述べている。ただ、英国がそれをどのように執行できるのかは不明だ。

最終更新:9/17(火) 12:54
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事