ここから本文です

バルサ、グリーズマン獲得における不正で無観客試合か?

9/17(火) 11:25配信

SPORT.es

FCバルセロナのアントワーヌ・グリーズマン獲得が未だに論争を呼んでいる。『El Mundo』によれば、スペイン・フットボール連盟(RFEF)による調査員は、金銭的制裁か、カンプ・ノウでの試合の無観客試合を提案しており、バルサがグリーズマンにアトレティコ・マドリーとの有効な契約があるにもかかわらず、交渉を行ったことを示している。

グリーズマンが新スパイク披露 テーマは「笑顔と共にプレー」


バルサの提案が両クラブの法務部門の不信につながっていると『El Mundo』は報道している。これは公法の条項143に関連するRFEFの懲戒条項88と126に基づいており、金銭的制裁の場合、300ユーロ(約35,700円)と非常に軽いため、調査官フアンチョ・ランダベレアは、カンプ・ノウでの試合の無観客試合を提案している。


この提案は、バルサがグリーズマンとの交渉に違反していたというアトレティコによるRFEFへの訴えに対するものである。そして今、RFEFが判決を下し、制裁を課すかどうか決める必要がある。


なお、一度正式に訴えを起こせば、アトレティコは、その訴えを取り下げることはできなくなり、公法手続きが行われれば、水曜日に予定されているカルメン・ペレスによる判決で、この件は終わりを迎えることになる。バルサ側は、違反がなかったと考えているものの、制裁として無観客試合が強いられるのか見守る必要がある。

SPORT

最終更新:9/17(火) 11:25
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事