ここから本文です

10月の消費増税に合わせ プレミアム付商品券の販売開始 岡山・総社市

9/17(火) 17:46配信

KSB瀬戸内海放送

 10月の消費増税に合わせて、全国の自治体でプレミアム付商品券が販売されます。岡山県で最初に販売を始めた総社市では消費者、店舗の双方から期待の声が聞かれました。

(記者)
「市役所に入ってすぐの場所に特設窓口が設けられています。少しずつ引き換えに来る住民の姿もみられます」

 プレミアム付商品券は10月の消費税率引き上げを受けて、全国の市町村で順次販売されます。対象は、乳幼児がいる世帯や住民税が非課税の人で、5000円分を4000円で購入できます。
 岡山県で最初に発売された総社市では、約1万4000人が対象です。

(購入した人はー)
「10月からの消費税対策ですか、これぐらいしかないので。日々の生活圏内で使いたいと思います」
「とても助かります。ありがたいと思っています」

(総社市 企業誘致商工振興課/東 宗利さん)
「市内で使える商品券なので市内で使ってもらって、消費の落ち込みっていうのを少なくできればなというふうに思っています」

 商品券は10月1日から、購入した自治体の指定された店舗で使うことができます。総社市では、現時点で256店舗が対象です。

(まるみ麹本店/曽宮善成さん)
「総社市の市街地からちょっと離れているので、集客力があまりないところではあるんですけれども、そういったプレミアム商品券を使っていただくことによって遠いところからも来店していただく方が多く来ていただければ」

 増税に合わせて料金を値上げする施設では、影響が軽減すればと期待しています。

(サンロード吉備路/友野隆年 さん)
「(値上げで)やっぱりちょっと心配な部分はございますけれども、商品券がありますのでそこらへんをしっかり使っていただければありがたいかなと思います」

 このプレミアム付商品券は今後、岡山・香川のそれぞれの自治体でも販売されます。
(岡山市 9月28日~ 高松市 10月1日~)

最終更新:9/17(火) 18:48
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事