ここから本文です

バイエルンを気に入るコウチーニョ クラブの特色は!?

9/17(火) 15:58配信

SPORT.es

バイエルン・ミュンヘンへ850万ユーロ(約10億円)でレンタル移籍したフィリペ・コウチーニョが記者会見に出席し、バイエルンでの生活について明かしている。

謙虚な姿勢をみせるコウチーニョ 恩師からのメッセージに感謝


メディア『Sport Sky』のインタビューでコウチーニョがバイエルン・ミュンヘン加入後の心境を語った。
「最初の数日間でバイエルンの施設をすべて見学し、新たなチームメイトやコーチにあいさつした。日々気分は良くなっている。僕は幸せだ」


またコウチーニョは、ブラジル系スペイン人のチアゴ・アルカンタラのサポートを受けたという。
「彼はブラジル人でもありポルトガル語も話す。コミュニケーションにおいて彼のサポートを多く受けた。ドイツ語はとても難しいが少しずつ覚えていきたい」


コウチーニョはバイエルンの特色の一つにファンとの距離が近いと明かしている。
「本当に良いことだと思う。ポジティブなエネルギーを感じることができる。たくさんサインしたよ。バイエルンは以前所属したクラブよりもずっとアットホームだ。リヴァプールもそうだったが、ここはよりそうだ。この街で僕は妻と息子と暮らしている。家族からの愛情が力となっている。愛情がすべての元だ」とコウチーニョは語っている。

SPORT

最終更新:9/17(火) 15:58
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事