ここから本文です

共働きで住宅ローンを借りるとき、どんな選択肢があるの?

9/17(火) 19:53配信

ファイナンシャルフィールド

昨今、日本経済は順調に推移しており、税収はバブル期を越えたとの報道を目にすることがあります。実際のコンサルティング等の現場では、働く一般消費者のお給料に反映している実感はあまりなく、富裕層とそうではない層がはっきりしてきている感は否めません。

そうしたとき、ライフプランを考えると、共働きを選択せざるを得ないのかもしれません。今回は、共働きで住宅ローンを借りる場合どんな選択肢があるのかみていきましょう。

金融機関の所得制限

世帯収入は年収400万円以上が健全な基準とされているようです。金融機関ごとに基準の差異はありますが、所得基準を明確にしていない金融機関も存在します。基準は世帯収入になりますので、ご夫婦の収入を合算して金融機関の住宅ローン審査を受けることも可能です。

返済負担率の確認

世帯収入における、住宅ローン負担の割合が大きすぎると、せっかく手に入れた住まいでの暮らしが苦しくなってしまいます。しっかりと確認しておきたいのが、「返済負担率」です。これは、年収における年間の住宅ローン返済の比率をいいます。

一般的には、「返済負担率」25%以内が目安となります。年収400万円では、毎月のローン返済額が8万円程度で返済負担率は24%ほどになります。

共働き夫婦の住宅ローン

〔連帯債務〕
連帯債務とは、ご夫婦が金融機関に対して1本の住宅ローン契約を結び、一緒に返済していく格好となりますが、それぞれが全額の債務を負います。

連帯債務では、住宅ローンの返済が滞った場合、金融機関は連帯債務者に対して、どのように返済を請求してもよいとされています。夫婦で借り入れした場合、金融機関は夫に対してだけ全額の返済を求めたり、夫婦に対して全額の返済、あるいはそれぞれに半額の返済を請求したりすることもできます。

〔連帯保証〕
連帯保証とは、ご夫婦どちらかお一人の年収額ではローン審査に通らない場合において、夫婦で収入を合算して借り入れる場合、または夫婦それぞれが独立して住宅ローンの借り入れをする場合に、それぞれお互いの保証人になるということです。

連帯保証は連帯債務と異なり、住宅ローンの返済が滞り、債権者(金融機関)から連帯保証人に返済請求があった場合、返済を拒むことができません。

1/2ページ

最終更新:9/17(火) 19:53
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事