ここから本文です

CLアウェイの呪縛を解き放つべくスアレスが先発復帰へ【予想先発】

9/17(火) 19:44配信

SPORT.es

「先発メンバーに入るかもしれない」と監督エルネスト・バルベルデは、UEFAチャンピオンズリーグのアウェーゲームで18試合ノーゴールという悪い流れを断ち切りたいルイス・スアレスに関して昨日の記者会見で言及している。

バルサで179得点のスアレス「君に未達成のゴールは?」の返答が男気MAX


ルイス・スアレスの先発メンバー入りは、2019/20シーズンのCL開幕節となるボルシア・ドルトムント戦での最もホットな情報である。先週の土曜日に行われたバレンシア戦(5-2○)で復帰し、早速ドブレーテを決めた同ウルグアイ人は、左サイドのアントワーヌ・グリーズマン、そして右サイドのカルレス・ペレスと共に3トップを形成することが予想されている。


サン・マメスで行われたリーガ開幕戦のアスレティック戦(1-0●)で右脚の筋肉を痛めていたスアレスは、ドルトムントの本拠地シグナル・イドゥナ・パルクで行われる一戦では、再びバルサのFW陣を牽引することになるだろう。


117分間の出場で2ゴール1アシストの活躍を見せているアンス・ファティは切り札的な存在としてピッチに送り込まれる可能性が高い。16歳の同若手FWは、ベティス戦(12分間出場)やオサスナ戦(45分間出場)、そして先発出場を果たしたバレンシア戦で素晴らしい結果を残している。


ビッグサプライズがない限りレオ・メッシはベンチスタートとなるだろう。
守備陣と中盤に関して、現在のところ最も信頼の高いメンバーは、GKテア・シュテーゲン、ディフェンスラインにはセメド、ピケ、ラングレ 、ジョルディ・アルバ、そして中盤の底にはブスケツ、右インテリオールにデ・ヨング、左インテリオールにアルトゥールである。


バルベルデがよりフィジカルを重視した守備的なメンバーを検討した場合、セルジ・ロベルトやアルトゥーロ・ビダルを起用する可能性もある。


22名のメンバーを連れてドイツに向かったアスルグラナの指揮官は、試合前に4人をメンバー外にする必要がある。


バルサは月曜日の午後にドルトムントに到着したが、これまでとは違い、試合会場で前日練習を行なわず、シウタ・エスポルティーバ・ジョアン・ガンペールでトレーニングを行なってからドイツ入りしている。試合時のドルトムントの天候は曇りで、14度の予想となっている。


バルサは、この一戦でマリンブルーの新3rdユニフォームをお披露目する。バルセロナの街とボビー・ロブソンが率いた1996/97シーズンのチームを称えたデザインとなっている。


バルベルデは、このドルトムント戦がバルサでのCL通算23試合目となる。これまで戦った22試合で、14勝2敗(ローマ戦とリヴァプール戦)6分け、43得点16失点の数字を残している。


2019/30シーズンのCL開幕節両チームの予想先発は以下の通り。
【ボルシア・ドルトムント】
■GK
ロマン・ビュルキ
■DF
アクラフ・ハキミ
マヌエル・アカンジ
マッツ・フンメルス
ラファエル・ゲレイロ
■MF
アクセル・ヴィツェル
トーマス・デラネイ
ジェイドン・サンチョ
マルコ・ロイス
ユリアン・ブラント
■FW
パコ・アルカセル


【FCバルセロナ】
■GK
マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン
■DF
ネルソン・セメド
ジェラール・ピケ
クレマン・ラングレ
ジョルディ・アルバ
■MF
セルヒオ・ブスケツ
フレンキー・デ・ヨング
アルトゥール・メロ
■FW
カルレス・ペレス
アントワーヌ・グリーズマン
ルイス・スアレス

SPORT

最終更新:9/17(火) 19:44
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事