ここから本文です

イブラヒモヴィッチ「俺がMLS史上最高の選手だと思う…マジだぜ?」驚愕の決定力とは?

9/17(火) 15:14配信

GOAL

ロサンゼルス・ギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、自身がメジャーリーグサッカー(MLS)史上最高の選手と主張している。

【動画】イブラヒモヴィッチがハットトリック!

16日に行われたMLS第28節で、LAギャラクシーはスポーティング・カンザス・シティ相手に7-2で勝利。この試合でイブラヒモヴィッチはPKで先制点をマークすると51分、85分にも追加点を決めてハットトリックをマークした。

試合後イブラヒモヴィッチは記者の取材に応じ「俺はこれまでMLSでプレーした中で、最高の選手だと思う。これは冗談じゃない。マジだぜ?」と発言。

記者からその理由を問われると「あなたは俺がここに来てからの、2年間のプレーを見てきたのか?」と即答している。

「俺は、ここに来た最初の日から“休暇のためにMLSに来たわけではない”と言っていた。ここ2年間で完璧なことをやっていると思う」

なお、イブラヒモヴィッチはこの試合の3ゴールで2019年シーズンは25試合26ゴールに到達。LAギャラクシーにおいては、2002年にマークしたカルロス・ルイスの24得点を超え、1シーズンのチーム最多ゴールを更新している。

また、データサイト『Opta』によると、イブラヒモヴィッチは今シーズン49本のシュートを放ち、26得点をマークしている。この決定率は53.1%に相当するもので、2007年以来MLSにおいて最高のゴール決定率とのこと。

10月には38歳を迎えるイブラヒモヴィッチ。18-19シーズンの途中にマンチェスター・ユナイテッドを去り、アメリカに新天地を求めた稀代のFWの得点力は、まだまだ衰えることを知らないようだ。

最終更新:9/17(火) 15:14
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事