ここから本文です

クロップ「リヴァプールは欧州最高でない」…昨季CL王者は“アンダードッグ”としてナポリ戦へ

9/17(火) 21:23配信

GOAL

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、昨シーズンにチャンピオンズリーグ(CL)を制したものの、ヨーロッパ最高のチームではないと謙遜した。

最も退屈だったCL決勝は?今季のファイナルも“不名誉”なランクイン

昨シーズン、14年ぶり6度目となるCL制覇を成し遂げたリヴァプール。史上2クラブ目となる連覇を目指し、17日に敵地でナポリと対戦する。この試合の前日に行われた会見でクロップ監督は、ディフェンディングチャンピオンとして臨む2019-20シーズンのCL開幕戦に向けてコメントした。

「我々はヨーロッパのベストチームではない。なぜなら、マンチェスター・シティがこの惑星で最高のチームだ。それに、本当に多くの良いチームがあるから、他のチームよりも勝っていることを証明し続けなければならない」

「昨シーズン、我々は本当に良かった。ヨーロッパで最高のチームかどうか定かではないが、重要な局面で本当に素晴らしかった。だから、我々はチャンピオンズリーグで優勝できたんだ。(王者ということに)重圧はない。前のシーズンの優勝チームとしてこの舞台で戦ったことはないが、我々には経験がある。だから、戦う準備が整っていると願っている」

また、昨シーズンのグループステージでも対戦したナポリについては「我々は王者だが、この一戦が難しいものになると理解している。彼らはとても強いチームで、今年はユヴェントスと本当に差のないチームだ」と話し、サン・パオロでの戦い方について言及した。

「我々ができることをする。ナポリ相手に自陣深くで守っていても機能しない。長所を出して戦うべきだが、ナポリ相手に適した戦い方をする必要がある。そうすればチャンスが生まれるだろう。しかし、我々はこの試合の本命ではない」

最終更新:9/17(火) 21:23
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事